2014年4月15日火曜日

DIYでデッドニングを楽しむ その3 【社外スピーカーを取り付けるバッフルボードとは?】


DIYでデッドニングの3【社外スピーカーを取り付けるバッフルボードとは?】



DIYで自動車の音質向上をする。


前回DIYでデッドニングを楽しむ DIYでデッドニング その2【内張りはがし】


では内張りのはがし方に関して説明しました。

今回はデッドニングの中でもスピーカーとバッフルボードに関しての話をします。


ドアの内張りを剥がすと、純正スピーカーがありますね。

カローラフィールダー純正スピーカー(表)





















カローラフィールダー純正スピーカー(裏)






















ホンダストリーム純正スピーカー(表)























ホンダストリーム純正スピーカー(裏)

























「コーン」(音が震える部分)を破れない程度に軽く触ってみてください。


ほとんどの純正スピーカーが「紙」のコーンではないでしょうか?


少なくとも私のホンダストリーム(平成13年に購入した)は紙コーンでした。


まあまあ良い音出してると思っていたのが実はチャチな紙コーンだったのです。

裏面のマグネットの小ささったら考えられないほどちゃっちいです。







社外品のスピーカーに変えようと、アルパイン社製の左右二個で一万円くらいの

スピーカーを買いました。イエローハットで9800円くらいだったと思います。



アルパインのコアキシャルスピーカー























マグネットの大きさが純正と
全く違うのがわかります
























(スピーカーに関してはDIYでデッドニングを楽しむ DIYでデッドニング その7 【スピーカー交換を検討する】でもう少し詳しく説明しています)


ただ、スピーカーを買っただけでは車のドアには取り付けできません。

車種によっては直付けできるのかもしれませんがドアとスピーカーの間に


バッフルボード ←アマゾンのリンクです




という板が必要になります。

真ん中の黒いのがバッフルボード。エーモン社製の3200円くらい
のものです。トヨタBBに着けていた物が、カローラフィールダーでも
同じサイズだったのでBBを売った際にバッフルボードは外してカローラ
フィールダーに着けました。





















もともと純正スピーカーユニットが留めてあった穴が

三ヶ所(大体の車種が三ヶ所で留められている?)あり、

その穴の寸法と、社外品のスピーカーのネジ穴寸法が合わない為、

バッフルボードをスピーカーとアウターパネルの間に挟み、車とスピーカーとそれぞれのネジ穴が合うようにします。

また、スピーカーの振動をバッフルボードが吸収する役割もあると思います。



私が買ったのはエーモン製の三千円くらいのバッフルボードでしたが、

最近は音質向上の為に鉛などの金属を含んだ商品もあります。

ただやみくもにバッフルボードを買えば良いわけではなく、

車種ごとに寸法が違うので、車種別専用品を選ぶのが買いやすいと思います。


Amazonや楽天で買う場合は

「車種名 年式 バッフルボード」


で検索するとヒットすると思います。

人気車種で探してみると、

↓これなんて汎用性があって良いと思います。



『プリウスバッフルボード』を楽天で探す
↑プリウスのバッフルボードを探してみましたが、アルファードやヴェルファイヤも引っかかってくるので、同じ寸法なのかもしれません。


『バッフルボード』をAmazonで探す




プリウスのような人気車種であればオートバックスなどでも

手に入るかもしれませんが、マイナーな車種の場合は普通の店舗

では手に入りづらいかもしれません。

ネット通販で買う場合は、対応車種と寸法を必ず確認してください。






寸法が合わないと「無用の長物」になります。他には何も転用出来ない

パーツなので注意してください。

※トヨタ車の場合、純正スピーカーがリベットで留められていることが多い為、
ドリルが必要になるかもしれません。


なんだかんだ工具が増えていきますが、電気ドリルは持っておくと重宝しますよ。

私の超オススメは、ツール紹介の記事でも紹介していますが、




ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール ベーシック 18V EVO183B1

が鬼おススメです。DIYで木工やったり、電気ドリルで穴あけ、

電気ドライバーなど用途は沢山あります。


このブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール ベーシック 18V EVO183B1
だけでウーハーボックス、アンプボックスを制作出来ました。

観づらい&へたくそ&散らかっていて恥ずかしいですが左側がアンプボックスで右側がウーファーボックスです。
アンプは金色に光る海外のアンプをウーファー用。手前はアルパイン社製の5万円くらいの物で
フロントの左右を鳴らしています。アンプボックスの左上の方にあるのが、布製チェーンのAUTOSOX
です。まだ使っていませんが、雪が降って走れなくなったら活躍しそうです。





バッフルボードにビス留めする際にも、先にバッフルボードにドリルで

穴を開けてからビス留めしないと、バッフルボードにヒビが入る可能性大です。


私がそうでした。


なので、ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール ベーシック 18V EVO183B1

ほど高くなくても、安物(手動式ドリル)でも良いので、ドリルは持っておきましょう。


私の場合は最初にケチって手動式ドリルを買いましたが、面倒くさくて結局電動しか使っていません。


安物買いの銭失いってことですね。

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール ベーシック 18V EVO183B1のようなマルチツールがあれば、ジグソー(電導のこぎり)を使ってバッフルボードを自作することも可能。


ちなみに自作する場合はMDFボードという紙と同質でありながら、紙よりはるかに厚くて強く、幅や長さの狂いも少ない使いやすいボードがポピュラー。


↓MDFボード30cm×30cm厚さ9mm2枚セット




↓インナーバッフル用MDFボード9mm厚 30cm×30cmサイズ 2枚セット


のようにインナーバッフルに適した厚さのセット販売もあります。


ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール ベーシック 18V EVO183B1のようなものでなく、イトノコさえあればインナーバッフルの自作ができちゃいますね。


スピーカーの寸法とインナーパネルにある純正スピーカーが取り付けてあった部分(ビス穴。トヨタ車だとリベットの場所)の寸法がわかれば、バッフルボードを自作するのなんてそんなに難しいことではないですね。


私はバッフルボードは買ったので自作はしていませんが、もし自作するのであれば、MDFボードは水を吸って膨張するため、防水処理としてニスを何度か重ね塗りしたほうが良いと、本で読んだことがあります。


次回はDIYでデッドニングを楽しむ DIYでデッドニング その4【バッフルボードに社外品スピーカー取り付け】


で再度バッフルボードとスピーカー取り付けに関して説明します。





この記事が役に立った!と言う方はポチッと応援お願いします


人気ブログランキングへ


他の記事はコチラを参照してください→記事一覧メニュー